医師が田舎の医療機関に転職するメリット | ABEドクターステーション

医師が田舎の医療機関に転職するメリット

医師にとって、都会の大きな病院は自分のスキルを高める絶好の環境です。しかし、近年では「田舎の病院勤務でのどかな生活を送りたい!」と考える方も多く、田舎に転職する医師も急増しています。そこで、こちらでは医師が田舎の医療機関に転職するメリットについてご紹介いたします。

労働条件が良い

田舎は自然が多く空気がきれいです。都会と比較して人口が少ないため、のびのびとゆったりした時間が過ごせますし、例え疲れたとしても、美しい自然の景色を見て心身共にリラックスすることができます。また、田舎の病院は医師が不足していることが多く、需要に対して供給が足りていないため、高い報酬が期待できます。給与面に関して転職を考えている方は、田舎の医療機関を視野に入れることをおすすめします。

地域に密着した医療に携わることができる

都会の病院には毎日多くの患者様が訪れます。様々な病気に関する知識が身につくため、自分のスキルアップになりますが、一人の患者様に時間をかけてしまうと、その他の患者様にも迷惑をかけてしまうおそれもあります。一方、田舎の病院の場合、患者様と医師との距離が近く、アットホームな環境でじっくりと診療にあたることができます。人との結びつきが強いと、より地域に密着した医療に専念できますし、医師としてのやりがいも高まります。

総合医として幅広い業務がこなせる

都会の病院では診療科が細分化されているところが多く、その分野において専門的な知識が必要です。一方、田舎の病院ではひとつの診療科としてまとめられているところが多いです。そのため、外科や内科など診療科の垣根を越えたあらゆる症状に対応できる総合医として様々な臨床経験を積むことができます。また、総合医として業務をこなすため、最先端のいろいろな医療機器にふれる機会も多くあります。

スキルアップを目指しつつ、総合医として幅広い業務を身につけたいのであれば、田舎の医療機関へ転職を考えてみるのはいかがでしょうか。

医師専門の紹介会社 ABEドクターステーションでは、ご自宅の最寄り駅から例えば40分以内の施設を探すことが可能です。
便利な通勤時間検索をご利用ください。

転職・求人をご検討の医師の皆様へ

お問い合わせ・ご相談はこちら お電話でのお問い合わせ 0120-611-117 【受付時間】平日 9:00〜17:00
page top