医師が転職する理由とは | ABEドクターステーション

医師が転職する理由とは

医師の職場は多様なもので、無床・有床のクリニックや、病床数が20の小さな病院から、病床が200以上ある大規模な病院まで様々です。働く環境が違えば、転職を考える理由も多岐にわたります。こちらでは、医師の転職する理由をいくつかご紹介いたします。

勤務時間を減らしたい

近年は医師が不足しているということもあり、厳しい労働条件のもとで働く多忙な医師の方が多くいらっしゃいます。そういった中で、ゆとりのある勤務を望む医師の方には、自分の心身を休めたい、家庭があり子供などとしっかり向き合う時間を確保したい、ご両親の介護をしなければならない、といった事情があるようです。

年収をアップさせたい

医師の転職理由として多く見られるのが、年収アップの希望です。これは、医師だけでなく転職する方の多くがこの理由を挙げています。この理由の背景には、医局に所属している場合、給与表のままの低賃金の派遣先が多いことや、他の医師と比較して自身の技術が評価されていないと考える方がいらっしゃることがあります。

キャリアアップを図りたい

転職を検討するひとつのケースに、学会の認定医や専門医資格を取得するためというケースがあります。また、現在の職場に大きな不満はないものの、手術経験をもっと積みたい、最先端設備のある医療機関で働きたい、自分の持つ技術を存分に発揮したいなど、キャリアのさらなる向上を目指して転職を考える方も多いものです。

医師専門の紹介会社 ABEドクターステーションでは、ご自宅の最寄り駅から例えば40分以内の施設を探すことが可能です。
便利な通勤時間検索をご利用ください。

転職・求人をご検討の医師の皆様へ

お問い合わせ・ご相談はこちら お電話でのお問い合わせ 0120-611-117 【受付時間】平日 9:00〜17:00
page top