女性医師の転職・復職で重要な事 | ABEドクターステーション

女性医師の転職・復職で重要なこと

医師として働く女性は結婚・出産・育児などをきっかけに、どうしても休職しなければならない場合があります。しかし医師不足の今、女性医師は貴重な存在となっています。

産婦人科や小児科、皮フ科、内科などで患者側が女性医師を希望するケースも増えており、転職先としての求人募集需要も数多くあるのです。女性医師が仕事と家事・育児を両立しながら働くために重要なことをお伝えします。

タイミングを逃さずに就職支援を受ける

子供を育てるために復帰を迷っている方も多いと思います。しかし転職・復職にはタイミングがあり、それを逃してしまうと、せっかく得た知識や技術を活かせなくなる場合もあります。目先のことにとらわれず、長期的な計画で自分のキャリアを活かすことも大切です。

全国では、子育て中の女性医師が転職・復職支援を受けて現場で活躍しています。キャリア形成をサポートするサービスをうまく活用すれば、就職活動もスムーズになり、より理想的な環境で働くことができるでしょう。

仕事・家事・育児を一人で抱え込まない

子育てをする女性が医師として復帰し、長く働き続けるために大切なのは、家族や保育所、ベビーシッターなどの助けを借りることです。子供は急に熱を出すことがありますが、代わりの医師がいない状況では仕事を休むことはできず、子育てを頼れる人や場所が必要です。

子育てや家事は夫や両親に協力してもらう、家族に頼れない場合は保育所やベビーシッターを利用する、などの方法を検討しましょう。

理解ある就職先を探す

転職先の上司が理解のある人とそうではない人とでは、働きやすさや待遇も変わってきます。理解ある医師の場合、家庭の事情や勤務意欲などを察して、勤務時間の調整などに対応してくれるでしょう。転職・復職で重要なのは、自分自身の努力と周囲の環境です。新しい求人情報をこまめにチェックし、理解ある医療機関を探すことがポイントになります。

医師専門の紹介会社 ABEドクターステーションでは、ご自宅の最寄り駅から例えば40分以内の施設を探すことが可能です。
便利な通勤時間検索をご利用ください。

転職・求人をご検討の医師の皆様へ

お問い合わせ・ご相談はこちら お電話でのお問い合わせ 0120-611-117 【受付時間】平日 9:00〜17:00
page top