面接で注意するべきポイント | ABEドクターステーション

面接で注意するべきポイント

医師が転職するときも、他の職種と同じように面接を行います。医師の面接では、今までの経歴だけではなく面接の内容も重要になってきます。こちらでは、面接で注意するべきポイントについて紹介していきます。

身だしなみを整える

これはどの職種でも大切なことです。面接官は院長、もしくは多くの経験を積んだ医師の方や事務長が担当する可能性があります。今では許される部分でも、病院の面接では厳しくチェックされることがあります。誠実感、清潔感のある身だしなみを意識して、健康的なイメージを保ちましょう。

面接官の質問

質問されたら、ポイントを押さえて簡潔に答えるようにしましょう。病院はいつ、どのようなトラブルが起きるか分かりません。入院している患者が急変したり、救急車で重症の患者が運ばれたりすることもあります。

医師はどのような状況下でも、冷静に物事を判断し、的確な指示をだす能力が求められます。どのような質問でも、簡潔に分かりやすく答えることを心がけることで、医師として必要なスキルをアピールできます。

また、自分をよく見せるために嘘をついても意味がありません。どのような質問でも誠意をもって、真摯に答えることで相手に好印象をもってもらえます。聞かれそうな質問の答えは前もって考えておきましょう。

よく聞かれる質問に「転職を決めた理由」「将来について」「自分の長所・短所」「今までの経験」「対応可能な職務内容」などが挙げられます。質問に対する答えを考えておくことで、自分自身を見つめなおすキッカケにもなります。
このとき、不平や不満を言葉にしてしまうと印象の悪化に繋がりますので、前職のことを悪く言うことは避けた方が良いでしょう。

医師専門の紹介会社 ABEドクターステーションでは、ご自宅の最寄り駅から例えば40分以内の施設を探すことが可能です。
便利な通勤時間検索をご利用ください。

転職・求人をご検討の医師の皆様へ

お問い合わせ・ご相談はこちら お電話でのお問い合わせ 0120-611-117 【受付時間】平日 9:00〜17:00
page top