医師転職を決意するということ | ABEドクターステーション

医師転職を決意するということ

転職を決意する理由は人によって異なります。医師の方々が転職する際に重要になってくるのは、転職後どのように働きたいかをしっかりと決めることです。転職事情が一般的な会社員と異なるため、目的がなければ転職活動で悩むことになります。

転科をするか

医師は日々忙しく、体力が必要になってきます。年齢を重ねたことで、今の科で働くことに不安を覚えることもあるでしょう。また、ある程度の経験を積んだ後、求人募集件数が多い科に転科を希望するのも良いと思います。ライフスタイルや職場環境、人間関係、将来など様々なことを踏まえて、転科するかどうか決めましょう。

希望条件と今後について

転職する理由に、「現状に満足できない」「医局を離れたい」などが挙げられます。
仕事を探す前に給与や労働条件などを考えておきましょう。やりがいを目指すなら給与、お子さんがいる方なら休みや労働時間など、絶対に外せない条件を決めておくことが大切です。

実際に働いてみて、こんなはずではなかったと短期間で何度も転職を繰り返すのは好ましくなく、医師の世界というのは狭いため最終的な転職で不利になる可能性があります。

働く場所

医師の働く場所は、一般病院、療養型病院、老人保健施設、クリニックなど多くの種類があり、施設によって働く環境、設備は違います。どこで働きたいか決めておきましょう。また、通勤時間の許容範囲を決めておくこともおすすめします。毎日働く場所だからこそ、採用後の具体的なイメージをして詳細を決めておくことが大切です。

医師専門の紹介会社 ABEドクターステーションでは、ご自宅の最寄り駅から例えば40分以内の施設を探すことが可能です。
便利な通勤時間検索をご利用ください。

転職・求人をご検討の医師の皆様へ

お問い合わせ・ご相談はこちら お電話でのお問い合わせ 0120-611-117 【受付時間】平日 9:00〜17:00
page top